menu

本格英国アンティークを楽しむ理想のお家がここに| Country furniture FARMERS 帯広音更

帯広からほど近い音更町。

ここにはすでに地域の顔になっている、たくさんの『手作り』がみられるお店「Country furniture FARMERS」があります。

20160911_132404

みどりで覆われ、赤と青のコラボカラーを纏った素敵な洋風建物。

20160911_132441

日々表情を変えるこのお店に、今日改めて魅了されました。

世界でたった一つのオリジナル家具でカントリーライフを送りたい

ここでは自分好みのオーダーメイド家具を製作してもらえます。

20161024_154016

20161024_154819

隣接する工房には、オーナーの山田さんとスタッフが手掛ける作品の数々が。ここで生まれた家具たちは、多くの人々に愛され、この工房を旅立っていきました。

20161024_153731

20161008_112725

自然の恵みを大切に想い、一つ一つの材料を丁寧に組み合わせて作られた家具たち。作り手さんの想いが形になったそれらは、既製品とは違った感触があります。

20160911_134402

時間の経過とともに魅力がより際立ってくるっていいな。そんな家具を見て、そして触れてほしい。

きっとすてきな生活の友に出会えるはずですよ。

建築的に見てもそのしつらえは素晴らしい

Famersがこの場所にオープンしたのは平成16年。

当時はまだ外壁がはっきりと見えていましたが、今では蔦が外壁を覆っています。

時間の経過とともに少しずつ変化するその姿は、現在では地域のシンボルに。

この建物を手掛けたのは、この地域の匠地域を知り尽くした広岡建設さんです。実は広岡建設さんの住宅とFarmersの家具はコラボしています。

Contry furniture famaersという名は?

まだ日本の農家の方の住宅が、今と違って風景に似合わないものが多かった当時。

海外へ足を運んだ山田さんは、農業という仕事に誇りを持つ方々、そして将来は農家にと希望する若者が多いことに、日本との違いを感じたそうです。

風景に調和した建物が、景観に彩りを加える場所になってほしい。こうした風景のもとで作られた、素材を生かしたものが、様々な形となって多くの人に届けられる場所であってほしい。

「Contry furniture famaers」という名前には、そんな山田さんの地域への想いが込められています。

20160911_132253

「famaers」の『S』は、「みんなで頑張っていこう」という想いから複数形になっているそうです。

海外からの留学も多いContry furniture famaers。

ここでは人のぬくもりを感じさせる製作家具の技術を学び、そしてスタッフと家族のようにときを過ごすことができます。

それはまさに家族そのもの。みんなの笑顔が、その事実を物語っています。

fb_img_1477635758830

きっとこの建物はまだ未完なんだろうな。これからも時間の経過とともに、さらに表情を変えていくことになるんだろうな。

その記憶は、地域の記憶・記録として引き継がれていくことでしょう。

住みたくなるような感覚と住んでいるのではという錯覚

室内のコンセプトも一環しているContry furniture famaers。キッチン、リビング、ルーム、階段と、まるで誰かのお家に遊びに来たような錯覚に囚われます。

20160911_133245

デスク・ソファー・ライティングなどが要所に配置され、それぞれがアンティーク小物でディスプレイされた素敵な空間。何度も何度も回遊している自分に気づきます。なかなかその場から移できなくなるのは当然のことかも。

20161008_112358

20161126_162035

ここにこのまま住んだらどんなにステキだろう。

異国を感じさせるfamers garden

20160911_133817

店内からの屋外通路には、gardenに関するものが置かれ、白を基調した通路と取り囲む緑がお庭へと視線を誘導します。注がれる自然光の屈折が、また癒やしの回廊とも言えるのかも。

20161008_113057

周囲を塀で囲まれ、外部の遮視性が確保された空間。異国を感じさせるgardenの中をゆっくりと歩くと、こんなすてきなお庭を持ちたいって感じることができます。

自分お気に入りの癒やし空間として保存しよう

お店を訪れると、なぜか自分の家もこんな感じにしてみよう。そう思ってしまう人も多いのではないでしょうか?
そんなモデルルームと小物がコラボしたかのような空間で、ゆっくりとした時間を過ごしてみると、あなたの理想像は変わるかもしれません

お店のこと

北海道河東郡音更町すずらん台南町1丁目6番地6
TEL :0155-30-1367
営業時間 : 10:00〜19:00
Open : 月・水・木・金・土・日
Close : 火・第3月曜
駐車場: 10台
HP : http://www.farmers-jp.com/

 この記事を書いた人

by T.

学生時代に釧路を訪れ、釧路に魅了される。現在は、建築士でありながら、釧路の発展のために力を尽くしている。

特別なときに使いたい。釧路のjouet[ジュエ]という手作りジャムがおしゃれすぎる

古民家から漂うカレーの香りに心もお腹も満たされて ~ café Jorro ~

関連記事

  1. 古民家から漂うカレーの香りに心もお腹も満たされて ~ café …

    帯広駅から北へ車で10分ほど。音更町の鈴蘭川沿いに、静かにたたずむ古民家があります。…

  2. 暮らすような旅。ヌプカ。そこにはとっても心地よい空気が流れていま…

    何をするか。誰とするか。旅をする時は、何かきっと目的があると思います。見たことのないもの…

  3. 上質を着こなすには、センスが必要なのだ。|VAN 帯広

    いつになっても色褪せることがないおしゃれなエンブレム。やっと大人の入り口にたどり着けたかな。…

  4. 暮らしに花咲く日々のもの”tane” 手作り雑貨と古道具”sun…

    帯広市内より南へ車で15分ほど走ると、とっても気になる看板があります。Select zakk…

  5. 北の大地に奏でられる音色が響くとき 〜 シンガーソングライター …

    2016年に、活動拠点を東京からふるさとの北海道に移した、帯広出身の北広アキさん。広大な大地…

  6. 幻のコーヒーも味わえる。ツウにはたまらぬ本格オーダーメイド珈琲焙…

    マスターの粋な空間へ音更の住宅街を走ると、香ばしい香りがする一軒の珈琲店がある。それがオ…

  7. 北海道の魅力をかわいいイラストで思いっきり伝える「Ho!Ho!H…

    人に思いを伝えること。あなたは、相手に思いを伝えるときに、どうやったらうまく伝わるか。…

  8. おしゃれな雑貨に囲まれて。見て・創って・食して|雑貨とcafé…

    帯広の隣町、札内からこの場所に移転リュニーアルしたのは平成27年の11月。店名も「手づくり…

sidelogo

最近の記事

PAGE TOP