menu

おしゃれな雑貨に囲まれて。見て・創って・食して|雑貨とcafé Pao

帯広の隣町、札内からこの場所に移転リュニーアルしたのは平成27年の11月。

店名も「手づくりハウスぱお」から「雑貨と café Pao」 に変わりました。

帯広の新しい顔、自由が丘に愛されるPaoの想いと、その魅力とは。

十勝への店主の想い

店主小川さんは、帯広生まれの帯広育ち。洋裁・デザインを学び、手芸店で各種材料・制作のノウハウを学びました。

1992年に、幕別札内に地域に愛されるカントリー、そしてナチュラル雑貨のお店をオープン。札内やその周辺から、多くのお客様が足を運んだといいます。

2015年、その地を離れた小川さんは、現在の場所で店舗をリニューアルオープン。リニューアル後も、地域への想い、そして洋裁や雑貨への温かい想いは変わりません。

新たなリピーターとの出会いもあり、以前にもまして賑やかで素敵な店舗となったPao。ハンドメイド作家さんの作品やプチ講座、また体験もできる、静かさと賑わいのある空間がコラボする場となっています。

店名の Pao

今から25年前。保育所に通っていた長男に「店の名前何にする?」と聞いたところ、当時の自分のマークがぞうさんだったので「ぞうさんでは(笑)」との返事があったそうです。

そこからパオーン、してパオへ。

fb_img_1477814492709

当初は『カタカナでは堅いイメージになる』との考えから「ぱお」としたとのこと。その後、現在の場所でリニューアルオープンするにあたり、café 風にアレンジしたことから「Pao」になったそうです。

店内はまるで「みんなの作品のショーケース」

外壁と統一感のある木製建具を開けると、そこにはディスプレイされた、たくさんのハンドメイド雑貨が視界に広がります。

20160926_134713

目でぐるりと店内を見回してしまい、一歩が踏み出せない・・・そんな素敵な空間。まるで、実際に手にすることができる雑貨や小物のショーケースの中に入ってしまったような感覚にとらわれます。

fb_img_1477814443052

fb_img_1477814653250

そこへ、笑顔の店主がお出迎え。

インテリアを見てみると、今多くの方が経験している、DIYで作られた家具たちがずらり。手作り作品の数々からは、既製品にはない風合いが感じられ、自然と「自分の部屋のインテリアにしたい」という想いがめぐります。

洋裁的な作品も数多く、小物も含めて、老若男女誰もが共有できるので、家族で訪れても楽しい時間を過ごすことができます。

ハンドメイドレンタルボックスもあって、お試しも可能です。

fb_img_1477366286899

スイーツ cafe

ここではコーヒーやココア、ハーブティーなどとともに、焼き菓子や自家製パンなどを味わうことができます。

fb_img_1477814404973

fb_img_1477366127486

どれもが店主の手作り。

そしてどれもが店主の優しさを感じるものばかり。

fb_img_1477366134579fb_img_1477814160641

実際、カフェを目当てにやってくるリピーターも多いそうです。

リニューアルにより新たなツールが増えているので、新たな魅力を発見できるかも。

イベントも多数

Paoさんでは様々なイベントが随時開催されています。

この地域に愛される Pao さんの魅力は、こうしたイベントからも感じることができます。

イベントには毎回、店主の多くのお友達が足を運んでくれます。

またコラボイベントも多く、組み合わせや自由度も高いのがお店の特徴となっています。

小川さんの夢・魅力

小川さんの夢。それは地域とのふれあいや、地域に愛されること、そして洋裁作品づくりをたくさんの方と時間を共有すること。

きっとこれからもPaoは、色々な展開を見せてくれることでしょう。

「楽しい・愉しい・たのしい」「素敵・ステキ・すてき」

そんな時間をこのショーケースで過ごしてみませんか?


お店のこと

北海道帯広市自由が丘2丁目1-11
TEL : 080-1869-3521
営業時間 : 11:00~19:00
Open : 月・火・木・金・土・日
Close : 水
駐車場 3台
HP : http://ameblo.jp/paosite/
e-mail : kuroko@sea.plala.or.jp
LINE@ ID : @fzq3629x

 この記事を書いた人

by T.

学生時代に釧路を訪れ、釧路に魅了される。現在は、建築士でありながら、釧路の発展のために力を尽くしている。

花に触れ、心穏やかに。感性を律する。|ドライフラワーリースが手作りできる釧路のドライフラワー教室

特別なときに使いたい。釧路のjouet[ジュエ]という手作りジャムがおしゃれすぎる

関連記事

  1. 北の大地に奏でられる音色が響くとき 〜 シンガーソングライター …

    2016年に、活動拠点を東京からふるさとの北海道に移した、帯広出身の北広アキさん。広大な大地…

  2. 暮らすような旅。ヌプカ。そこにはとっても心地よい空気が流れていま…

    何をするか。誰とするか。旅をする時は、何かきっと目的があると思います。見たことのないもの…

  3. 上質を着こなすには、センスが必要なのだ。|VAN 帯広

    いつになっても色褪せることがないおしゃれなエンブレム。やっと大人の入り口にたどり着けたかな。…

  4. 東京から単身とかちへ。熱い男がやってきた。多国籍料理が奏でる想い…

    東京から単身とかちへ帯広に新たな空間が生まれたのは 平成26年9月のこと。東京の中央卸売…

  5. 北海道の魅力をかわいいイラストで思いっきり伝える「Ho!Ho!H…

    人に思いを伝えること。あなたは、相手に思いを伝えるときに、どうやったらうまく伝わるか。…

  6. 古民家から漂うカレーの香りに心もお腹も満たされて ~ café …

    帯広駅から北へ車で10分ほど。音更町の鈴蘭川沿いに、静かにたたずむ古民家があります。…

  7. 本格英国アンティークを楽しむ理想のお家がここに| Country…

    帯広からほど近い音更町。ここにはすでに地域の顔になっている、たくさんの『手作り』がみられるお…

  8. 十勝からはじまる食・農の魅力 ~ 自然の恵みと作り手さんが奏でる…

    ここ十勝の芽室町に移住し、新規就農された「廣田農園」の一公さん、由美さん夫妻。安全で美味しい…

sidelogo

最近の記事

PAGE TOP