menu

東京から単身とかちへ。熱い男がやってきた。多国籍料理が奏でる想い-レストランGAO

東京から単身とかちへ

帯広に新たな空間が生まれたのは 平成26年9月のこと。

東京の中央卸売大田市場で流通をしていたオーナーが、旅行で北海道の訪れ、とかちの大自然を堪能している途中で、ふつふつと湧き上がる思いがあることに気づきました。

そして、直感的に感じた思いを信じて、あることを決心しました。

『俺は北海道が好きだ!よし、ここに住もう!』

この北海道の大地を見たときに、食を追求しつづけるというアツい魂にそうさせられたさせたと語るオーナー。

オーナーの熱い気持ちを味わう

この北海道を訪れると、だれもが自然の豊かさ・ゆっくり流れる時間、そして人の優しさ、食材の魅力に心を奪われる。このオーナー(佐藤 玲央さん)もそのひとり。

そしてその想いと情熱を抑えることができず、今まで住んでいた東京を離れ、帯広に定住を決意し、東京に家族を残しひとり単身生活を覚悟してやってきました。

想いは、この北海道の素晴らしい食材をいつでも食べられる拠点をとかちに持つ、そして全国の方に喜んでもらえる食材の流通の仕掛け、北海道の食材を全国へ。

一人でも多くの人に、美味しいもの、安全なもの、そして少しでも安価で食をお届けする。

生産者との対話を欠かさず、信頼関係が築くのがオーナースタイル。お店では一緒に話して、笑って、お酒も一緒に飲んで、そんな熱い想いを赤裸々に語ってくれる。

そのアツい熱量は「この北海道の魅力を感じて、愛してくれて、この方はこの十勝に勢いと活気を引き出してくれる方だと」感じました。北海道の魅力を多くの方に知ってほしいんだ。そんな熱い男には、熱い男達も集まってくる。

そして、もう一つ大切にしていること。それは、決して、儲けようとしないこと。

この地で毎日楽しくみんなと過ごせればいい。自分もこの地での時間が楽しい。

ただ、それだけ。

楽しけりゃいいんだ。

その集大成がレストランGAO

メイン通りから緑に覆われた南米をイメージさせる白の洋館が目に飛び込み、建物はとってもすてきな外観。緑と白で演出された空間はまるで、街のオアシスのようです。

建物は、オーナーの思いを詰め込みリノベーション。現在では見事な仕上がりになっています。東京で培った食材への目利き力はおすみ付きで、地域の人の舌にあう料理にアレンジしてくれます。

素敵なインテリアで構成された空間と料理で満たされるここでしか味わえない素敵な時間。

食材流通仕掛け人が手がける美味しい料理には、地元食材のほか、要望に応じて全国の食材も取り寄せてくれる。

何よりもお客さんの食している笑顔がうれしいのだとか。

GAOにはたくさんの顔

広い空間がもたらす様々な展開が、また多くの方に笑顔と賑わいを与えてくれる。

img_0548

レストランウエディング・ライブ・各種イベントなど、単なる美味しい料理を堪能出来る空間だけではなく、みんなが熱い気持ち、心地よい気持ちを共有出来る。

dsc_0730-1

入口にはこの十勝で作られている素敵な作品がディスプレイさせており、楽天市場でバレエ衣装とバレエをテーマにデザインしたアクセサリーやクラフトを制作、販売しているMille Heureux(ミルフル)を運営。

ミルフルとはフランス語で千の幸せという意味があり、たくさんの幸せをお届けしたいという思いを形にしたもの。

★楽天市場を見てみる↓↓↓
 ▶︎ このボタンをクリック ◀︎ 

この他にも色々な空間利用も可能で気軽にオーナーに相談すると、なにかあたらしいことがおこるかも♪

それがこのオーナーが持つ、帯広への想いなのです。

夏には駐車場と滝のあるテラスを利用したBBQが開催され、手ぶらで来ていただいても堪能出来ます。全てをセットしてくれるので安心。こんな繊細な心使いがたまらない。オーナーをはじめGAOスタッフに触れて、最高の笑顔を見ると誰もが感じることができるでしょう。

11998799_773276636134503_25705908987034606_n

みなさんも一度その想い、作品、人にふれてみてはいかがでしょうか?人生観が変わるそんな予感がしますよ♪

お店について

場所
北海道帯広市西5条南13丁目
TEL:  0155-67-5996
営業時間  11:30~15:00 17:30~23:00
定休日    木曜日
定員     100名
駐車場     40台

Hp:http://s.hitosara.com/0006067268

 この記事を書いた人

by T.

学生時代に釧路を訪れ、釧路に魅了される。現在は、建築士でありながら、釧路の発展のために力を尽くしている。

最近話題の『ちいクラ』とは何か、勇気を出して『ちいクラ代表』にいろいろ聞いてみました

あなたは、根室の若い二人のサムライを知っているか?「Malk(モーク)」というウェブ制作スタジオに大注目

関連記事

  1. 暮らしに花咲く日々のもの”tane” 手作り雑貨と古道具”sun…

    帯広市内より南へ車で15分ほど走ると、とっても気になる看板があります。Select zakk…

  2. 本格英国アンティークを楽しむ理想のお家がここに| Country…

    帯広からほど近い音更町。ここにはすでに地域の顔になっている、たくさんの『手作り』がみられるお…

  3. 北の大地に奏でられる音色が響くとき 〜 シンガーソングライター …

    2016年に、活動拠点を東京からふるさとの北海道に移した、帯広出身の北広アキさん。広大な大地…

  4. 十勝からはじまる食・農の魅力 ~ 自然の恵みと作り手さんが奏でる…

    ここ十勝の芽室町に移住し、新規就農された「廣田農園」の一公さん、由美さん夫妻。安全で美味しい…

  5. おしゃれな雑貨に囲まれて。見て・創って・食して|雑貨とcafé…

    帯広の隣町、札内からこの場所に移転リュニーアルしたのは平成27年の11月。店名も「手づくり…

  6. 暮らすような旅。ヌプカ。そこにはとっても心地よい空気が流れていま…

    何をするか。誰とするか。旅をする時は、何かきっと目的があると思います。見たことのないもの…

  7. 上質を着こなすには、センスが必要なのだ。|VAN 帯広

    いつになっても色褪せることがないおしゃれなエンブレム。やっと大人の入り口にたどり着けたかな。…

  8. 十勝ヒルズのグランドオープンにお邪魔してきました

    7年かけて創り上げた今日という大切な日十勝の幕別町の丘の上に十勝ヒルズという素敵な空間があります…

sidelogo

最近の記事

PAGE TOP