menu

あなたは、根室の若い二人のサムライを知っているか?「Malk(モーク)」というウェブ制作スタジオに大注目

道東の根室市でベンチャー企業を立ち上げたお二人をご存知でしょうか?

北海道根室市「Malk」というウェブ制作スタジオを経営する、社長の濱屋雄太さんと副社長の菊地拓也さん。お二人は、東京・札幌で働いた経験を生かして地元に戻り企業し、今年の10月には、道東に特化した食品オンラインモール『KITAPECO(きたぺこ)』を立ち上げました。

malk-nemuro-newspaper-1

社長の濵屋さん(左)・副社長の菊地さん(右)

今回はそんなお二人の熱い想いと、今後の展望についてガッチリインタビューさせていただきました。

「きたぺこ」とは?

Q:道東に特化した食品オンラインモール「KITAPECO (きたぺこ)」のおすすめポイントを教えてください

1.こだわりの道東限定の食品モールです

KITAPECOに出品されている商品は、全て道東で生産、加工されている商品です。

根室でとれるかにやえび、いくらにほたて、さんまといった水産物や、別海の牛乳や牛肉を使用した製品、中標津の放牧牛乳に、羅臼の昆布茶など、非常に「道東らしい」商品を取り揃えています

限定さんま缶セット

2.浜の母ちゃんレシピ

「まるごと根室」事業から、浜の母ちゃん直伝レシピをご提供いただいています。根室の水産物振興を目的とした、根室市の漁業協同組合と市が提携した「まるごと根室」事業から、4漁業協同組合の各婦人部が作成されたレシピをご提供いただいております。現在準備中ですが、今後順次全国の皆様に同レシピをお伝えしてゆきます。

またレシピ関連で言えば、弊社KITAPECO運営が作るオリジナルレシピもご提供してゆきます。KITAPECOに出品される商品を活用した道東の味をお伝えします。

3.地元情報も盛りだくさん

地元料理店/レストラン/カフェの魅力を発信します。KITAPECOでは、地元のお店から提供して頂くレシピをサイト内で紹介し、そのお店の魅力をレシピを通じて発信します。11/7 (月) に公開のグランシェフさんからは、KITAPECOに出品されている「木村屋 極み一本【二本立て】」を使用したヤナギダコのレシピをご提供頂きました。レシピを提供してくださったお店や、道東にゆかりのあるお店を紹介し、道東の情報発信を行ってゆきます。

granshef-reicpe-1

グランシェフレシピ-たこのガレット

granshef-reicpe-3

グランシェフレシピ-たこのアーリオオーリオ

granshef-reicpe-4

グランシェフレシピ-やわらかだことノーザンルビー&キタアカリ【自家栽培芋のトマトソース煮】

地域の支えがあったからここまでこれた

Q:サイト設営に辺り、特に思い入れのある、出来事やエピソードがあれば教えてください。

営業先で、たくさんの経営者の方からお話を聞き、誰一人、反対的な事をおっしゃらず、逆に「応援しているよ」と声をかけてくださることが、驚きとともに嬉しく感じました。

たくさんのお話を聞く中で自分達の社会経験の無さ、未熟さに気付かされ、毎日が勉強の日々です。

photo-1434030216411-0b793f4b4173

ただ、だからこそ、期待してくださる皆様に応えたいという気持ちと、こういう経験は今しかできないという気持ちも強くなり、自分たちの活動で何か良い影響を起こせればと奮闘しています。

また、最近でいうと車移動が多いので、車中で色んな景色を見ながら会社の未来について経営者2人で語りあっています。

photo-1438979179121-ab4e92cdb51d

大切な人に贈り物として

Q:お勧めしたい人、使ってほしい人はどんな人ですか?

KITAPECOは自分用、贈り物用のどちらでも大変満足の行く商品を取り揃えています。KITAPECOだけのオリジナルセット商品や大変お得なセットもございますので、とにかく美味しいものを食べたいと言う方や遠方の友人、知人、親類に何か特別なもの、美味しい物を届けたい方にぜひおすすめです。

昆布・鮭・ホタテ焼き貝ひも大満足5点セット

昆布・鮭・ホタテ焼き貝ひも大満足5点セット

起業の想い

Q:会社名の「Malk」にはどんな意味が込められていますか?

「Walk: 歩く」の「W」を「M」に変えて「Malk」にしました。「Walk」からの造語です。「M」には「More: もっと」という意味が込められています。「【もっと】良いものを作っていきたい」「良いもの、美味しいものを【もっと】広めたい」「【もっと】良い世の中にしたい」という気持ちのMです。

また、ロゴを作成する際、Mの足を人の足の形になぞらえてつくりました。これは、「お客様と二人三脚で歩んでいきたい」という気持ちと、「濵屋と菊地2人で頑張ろう」という気持ちを込めています。

malk-logo-full

「Malk」ロゴ

根室を世界に。

Q:若いお二人ですが、どういう思いで起業をされましたか?

地元を離れて、根室について考えたときに地方の方に根室が知られていないことに気付きました。「根室は美味しいものがある」ということは知られているかもしれないですが、根室の場所はわからない、何が美味しいかはわからないという、あまり具体的な印象を抱かれていないことが大変ショックでした。また地元に帰ったときに、人口減少を肌で感じ、根室の活気がだんだんと失われていっているのではないかという危機感も抱きました。

自分たちの「自分の事業で誰かの役に立ちたい」、「独立したい」という気持ちと、何か根室、道東を広める方法はないかと思っていた時に、自分たちの知っている範囲での技術と知識を使い、インターネットを通じて色んな可能性を模索しようと思い、思い切って起業しました。

photo-1428954376791-d9ae785dfb2d

決断をして、進むということ。

Q:会社設立にあたり、苦労したことがあれば教えてください。

【濵屋社長】
会社を設立する手続よりも、会社を設立した後のいまが大変だなと感じています。自分たちの事業を新規取引先の企業様に説明して回ったり、お客様に自分たちのことを知って頂くと いうことに難しさを感じています。今回くしろはてなさんに取材していただけたのは、実際の所本当に有難いです(笑)。

【菊地副社長】
0からなので、どういう仕組みで設立が出来て、設立したらどういう風になっていくかなど、全部調べて自力でやらなければならず、本当にこれでいいのかと常に思いながらやっていました。

会社を辞めるという決断も難しかったです。正直、将来に不安しか残らないので、先の事をあまり考えずにしていました。(笑)

これから、どう歩むか。

photo-1473625247510-8ceb1760943f

Q:特に御社が力を入れていることはなんですか?

「地元への還元」です。地元にはもちろん根室が含まれますが、取引先の企業様のある土地 も含んで考えています。例えば根室のKITAPECO出品者様の例でいうと、出品者様の商品 を見て注文した方は、その出品者様の商品を通して根室の味を知ります。また、 KITAPECOのレシピ提供サービスでその出品者様の商品を使ったレシピや、根室の素材を 活かしたレシピをご紹介することで、根室の魅力が全国の皆様に伝わります。もしかする と、そのレシピを提供してくださったお店へ実際に足を運ぶ方もいらっしゃるかもしれません。そうすれば、根室への経済効果、誘致効果が生まれ、地元が潤うはずです。私たちはこ うした、私達や取引先企業様のいる「地元への還元」を実現させたいと強く思いながら、日夜会社を動かしています。

Q:これからの展望について構想や野望を教えてください。

具体的な構想としては、KITAPECOは新規出品者登録を完全にオンラインで完結するようにし、かつ新規会員様は無料会員と有料会員に分ける、有料課金制をとろうと考えています。有料課金制は、「地元のお店の作る、地元の食材を使ったレシピ」を月額324円などで 見られるようにし、またレシピ検索や表示方法の選択肢が広がる (ランキング表示等) 等、”特権的なサービス”を無料会員と有料会員で分けてゆき、さらなる収益化を図りたいと思っています。

今後に対する私達の気持ちとしては、KITAPECOを全国のお客様に知って頂き、たくさん のお客様に道東の「なまらうまい」をお届けしたいです。KITAPECOの売りである商品と レシピを通して道東の認知を広げ、最終的には根室を含む道東各地へ美味しいもの、美味しいお店を求めてやってくる人口を増やす一助になれればと思っています。これは菊地談です が、特に根室は私達の地元ですので、北海道といえば道東、道東と言えばまずは根室、という風になれば嬉しいですね。みんなが活気づく地域づくりに貢献したいです。

濵屋さん、菊地さんはどんな人なのか。

Q:お二人の学生時代はどのように過ごされていましたか?

【濵屋社長】
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-18-03-43
小学生のときに、学校のクラブ活動でパソコンに触れ、ノベルゲームのようなちょっとした プログラムを組んだことが、今振り返るとこの事業に携わっているきっかけだと感じます。 小中高と根室で過ごし、高校時代は大学受験のためほぼ毎日睡眠時間以外は勉強するという 日々を過ごして、秋田の国際教養大学に進学しました。単位交換留学制度で2学期分米国の ワシントン州ゴンザガ大学という場所で学び、帰国後には”Entrepreneurship (企業家精神)” という授業の中で秋田の企業様と提携した学内事業を行いました。学生時代は、必死に知識を頭に詰め込み、それを実生活にどうすれば役立てられるのか、ということを考えていたような気がします。

【菊地副社長】
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-18-07-03
濵屋とは顔を知っている程度でそこまで仲が良いわけではありませんでした。 バレー部に所属していたので、バレーに熱中していました。ネットや起業なんて考えていま せんでしたね。 ただ、何か有名になったり、すごいことをしてみたいと、漠然と思ってはいました。 学力はどちらかというと、下の方(笑)で苦手だったのは確かです。 体育祭や学校祭でみんなで何かをやることや、人を盛り上げるのが好きでした。 濵屋とは遊んだことはなかったと思います (笑)。

根室の皆様へ

Q:根室の方、道東の方にメッセージをお願いします。

【濵屋社長】
私達合同会社Malkは若い会社です。
やってる二人も26の歳でふたりとも知識、経験、人脈、お金、そして技術も、他社様と比べて到底かなわないところが多々あります。ですが、 私たちはこの会社の未来を強く信じていますし、この会社の行う事業でたくさんの方の幸せを作りたいと強く思っています。

失敗を恐れず、失敗をしたらそこから何かを学んで次に活かせば良い、というのが会社の方針です。根室にいらっしゃる方、道東の方には、「こんな若者もいるんだな」「私もすこしがんばってみようかな」「どれどれKITAPECOとやらは どんなお店なのかな(ポチー)」といったことを思って頂ければ、これ以上有難いことはありません。地元に還元される事業を作り上げていきたいと思っておりますので、今後共どうぞご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

あ、今年のお歳暮にはぜひKITAPECO でも贈り物をご検討くださいね!(笑)

【菊地副社長】
根室や道東の美味しいもの、素晴らしいものを全国に広めていきましょう。

そして、若い人たちが中心となって自分たちの街や住んでいる場所を盛り上げていける仕組みにしていきましょう!根室、道東は他には負けない自然や、食材、そして、人の暖かさが揃っている、まさに東の楽園です。それをたくさんの方に知ってもらい、どこよりも負けない地域にしたいです!
この起業がきっかけで地域活性化の起爆剤となってくれると嬉しいです。
また、先駆けとして突っ走っていきたいと思います!

今後の動きに大注目

若いお二人だからこそパワーがある。今回の企画に快く引き受けていただいた、濵屋社長、菊地副社長にはとっても感謝をしています。ご協力ありがとうございます。これからも何かとご協力いただくこともあると思います。

道東を盛り上げる若者として、くしろはてな一同、応援させていただきます。

オンラインモールはこちらから

サイトをみてみる↓↓↓
KITAPEKO

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-16-18-07
https://kitapeco.com/

画像出店:https://kitapeco.com/,unsplash.com

東京から単身とかちへ。熱い男がやってきた。多国籍料理が奏でる想い-レストランGAO

花に触れ、心穏やかに。感性を律する。|ドライフラワーリースが手作りできる釧路のドライフラワー教室

sidelogo

最近の記事

PAGE TOP