• HOME
  • ブログ
  • とかち
  • 暮らしに花咲く日々のもの”tane” 手作り雑貨と古道具”sunRise”ここの種を花にしてみませんか?

暮らしに花咲く日々のもの”tane” 手作り雑貨と古道具”sunRise”ここの種を花にしてみませんか?

とかち

帯広市内より南へ車で15分ほど走ると、とっても気になる看板があります。

Select zakka and hand work shop~tane

ここは、素敵な女性2人が力を合わせて作った素敵な雑貨屋さんです。古い倉庫を自らの手でリノベーションをして、「てづくり」のが集まるパワースポットを作りあげてしまいました。

暮らしに花咲く日々のもの

道路に面したshopの外観には、ヴィンテージスチールの看板が目を引きます。

93815

アーティスティックなその看板の持つ意味は、扉をあけて一歩中に入ると感じることが出来ます。インテリアも含めて『てづくり』『オリジナル』な空間はとっても素敵です。

93809

そんな手づくりな空間に心地良い時間を過ごすことが出来ます。

本職の傍ら、お二人でシフト調整して営業するという、新しい生き方を提案するようなスタイルで、働く女性にとって自分の好きなことを始めるきっかけになるかもしれません。唯一、二人がshopに揃うのは、水曜日とイベントの時だけ。これも新しいスタイルなのかも。

出会いそして種を育てる

帯広出身で市内在住のお二人は、あるイベントで出会いました。そんな二人は、お互いに同じ夢を持っていて、すぐに意気投合。

二人でこだわりのスペースをイメージし、何度も話し合い、走り回って。

場所はどこにしよう。そんなお店にしよう。どんなひとに来てもらおう。仕事の朝に作業をしたり、大変だったけど、その準備期間は二人にとってかけがえのないものになりました。

そして、やっとのことでここをオープンさせたのは2014年10月24日。

93810

二人にとっても、思い出の日でもあります。

お店にあるノートには、そのときの記録が残されていて、想いが込められた温かさ、そして親しまれるインテリアや作品へのこだわりを感じることができます。

93807

実は、二人で作りあげてきた手づくりの空間は、まだ完成しているわけではありません。これからも日々、季節の移り変わりとともに花が咲くように、お店にかかわるすべての人の思いにふれて、表情を変えていくのでしょう。

tane

いろいろな作家さんの作品をこのスペースで共有し、皆さんの手元へ届けたい。人と人をつなぐ、コーディネーターのような空間。taneさんの想いである、「種」から「花」を咲かせたいという、やさしい願いからtaneと名付けられました。

93816

店頭には、衣類や雑貨など様々ものが並びます。

93817

sunRise

sunRiseさんは様々な分野の手作り雑貨の作家さんです。

名前をと考えていた当時、お日さまの絵を描いている時に「いいねって」声をかけられ、当時好きだったノラ・ジョーンズの「sunrise」にも影響を受け、さらに朝日が好きなことからsunriseと決めました。

Rが大文字なのも、こだわりの一つです。

93808

ここにある作品はそれぞれに命があって、作家さんの思いが込められています。

93811

第3土・日ではイベントを開催して様々な種が集まりそしてまた新たな花を咲かせています。

毛糸を紡ぎ、雑貨が並び、洋服がディスプレイされ、不定期に変わる作品の数々にはなんども足を運びたくなる。

93813

93812

そんなお二人の笑顔がお出迎え

決して外観は華やかに演出してないけど、一度店内に入るとその空間のあたたかさに包まれます。とても笑顔が素敵なお二人が迎えてくれます。

是非、素敵な作品を手にして、そして暮らしの中で花を咲かせてみませんか?

お店について

北海道帯広市川西町西2線59番地 (Aコープ川西店様向かい)
TEL : 080-5587-2718
営業時間 : 11:00~17:00
Open : 火・水・木・金/第3土・日
Close : 月・土・日・祝日

 この記事を書いた人

by T.

学生時代に釧路を訪れ、釧路に魅了される。現在は、建築士でありながら、釧路の発展のために力を尽くしている。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。