menu

暮らすような旅。ヌプカ。そこにはとっても心地よい空気が流れていました。とかちのHOTEL NUPKA(ホテルヌプカ)

何をするか。誰とするか。

旅をする時は、何かきっと目的があると思います。

見たことのないものを体験する旅。
おいしいものを食べる旅。
疲れを癒す旅。

旅をすると、きっとあたらしい何かに出会うことができるはず。

今回は、2016年3月、北海道十勝平野の中心都市・帯広市にオープンしたHOTEL NUPKA(ホテルヌプカ)というお宿をご紹介します。

廃業ホテルをフルリノベーション

帯広駅から、徒歩3分のところにあるヌプカ。もともとは、昭和48年から営業を続けていた〈ホテルみのや〉という老舗ホテルを買い取りフルリノベーションしたホテルです。老舗のホテルと言っても、有名デザイナーや地元の職人により、美しくリノベーションされているので、そう言われてみないと、約半世紀を生きてきたホテルとは思えない仕上がりになっています。

tpc-life-renovation-111-photo05

旧ホテルみのや(昭和48年築)

あれもこれもそれも、全部おしゃれ

まず玄関を開ける洗練されたデザイン、家具たちが迎えてくれます。

ロビーだけでも素敵な空間なので、コーヒー片手に時間を忘れて、くつろいでいられそう。

DSC07004

さっそくチェックインすると頂けるのが、この鍵。

DSC06963

もうキーホルダーだけ、”くださいっ!!”ってなりそうになる。

お部屋は広いとは言えないくらいのスペースだけれど、今回はふらっとお邪魔する旅だったので、十分。

早速ホテル内を探検すると、

強烈におしゃれなレンタサイクル。もうなんか、おしゃれすぎて逆に乗れませんって感じ。

DSC06992

DSC06973

5Fに共有のラウンジというのがあって、

DSC07034

好きなことを書き込めるようになっている。旅人と地元のひとをつなぐというホテルの粋な計らい。
(くしろはてなのPRもしっかりしてきました!笑)

マークもおしゃれ。

DSC06965

5階のさらに上に、”屋上テラス”っていうこれまた素敵なスペースがあって、

DSC07039

外に出られるようになっています。

DSC06966

この日は、曇り空にすこしだけ、月がのぞく、いい空でした。

DSC06968

一階のロビーに戻ると、チェックインする外人の方が、フロントでおしゃべりしていたり、

DSC07056

旅人とか、地元の方とか、心地よい空気感が流れる、ロビーとカフェ&バー。

DSC06979

DSC07002

帯広の駅前にあるのだけれど、中でくつろいでいると、どこか遠くの国に遊びにきているような不思議な感覚。

夜のくつろぎにはとっておきのスペースになりそうです。

DSC06981

朝だって最高にいい。

朝6:30。ロビーに降りると、ヌプカの皆様は朝食の支度をしていました。

朝日が差し込む大きな窓と、コーヒーのいい香りが漂ってきて、思わずお腹がグゥ。

DSC07030

DSC07023

DSC07047

そうです。朝食もすっごい楽しみにしていました。

DSC07043

さっそく心地よい朝日を浴びながらモーニングをオーダー。

DSC07046

ビジネスホテルのように、置かれていたものを与えられるわけではなく、注文してから、ひとつひとつ作ってくださるのがここの魅力。すこしの待ち時間はありますが、座っているだけで気持ちいいので全く気になりません。

そして、お待ちかねのモーニングがこちら。

まずは、パンメニュー。

DSC07053

シャッキシャキの野菜と、いい香りのパンがもう最高。

ご飯と味噌汁だってありまっせ。

DSC07055

やっぱり野菜がうまいんだなぁ。

最後に、もちろんコーヒーをいただきました。

この日は、フルーツ系(ベリーっぽい感じ)の香りがするコーヒーで、気持ちいのいい朝には似合う味でした。

DSC07065

ビジネスホテルにはない、温かい空気がきっとみつかる素敵なお宿でした。また、ちょこちょこお邪魔しようと思います。

DSC07041

ヌプカのこと

HOTEL NUPKA(ホテルヌプカ)
〒080-0012 北海道帯広市西2条南10丁目20-3
20-3,W2-S10,Obihiroshi,Hokkaido
TEL 0155-20-2600/FAX 0155-20-2601

▼ホームページ
http://www.nupka.jp/

出典/引用:colocal.jp

十勝ヒルズのグランドオープンにお邪魔してきました

1:はじまり。〜ファインダーからみる道東

関連記事

  1. 古民家から漂うカレーの香りに心もお腹も満たされて ~ café …

    帯広駅から北へ車で10分ほど。音更町の鈴蘭川沿いに、静かにたたずむ古民家があります。…

  2. 十勝からはじまる食・農の魅力 ~ 自然の恵みと作り手さんが奏でる…

    ここ十勝の芽室町に移住し、新規就農された「廣田農園」の一公さん、由美さん夫妻。安全で美味しい…

  3. 北の大地に奏でられる音色が響くとき 〜 シンガーソングライター …

    2016年に、活動拠点を東京からふるさとの北海道に移した、帯広出身の北広アキさん。広大な大地…

  4. 暮らしに花咲く日々のもの”tane” 手作り雑貨と古道具”sun…

    帯広市内より南へ車で15分ほど走ると、とっても気になる看板があります。Select zakk…

  5. 北海道の魅力をかわいいイラストで思いっきり伝える「Ho!Ho!H…

    人に思いを伝えること。あなたは、相手に思いを伝えるときに、どうやったらうまく伝わるか。…

  6. 東京から単身とかちへ。熱い男がやってきた。多国籍料理が奏でる想い…

    東京から単身とかちへ帯広に新たな空間が生まれたのは 平成26年9月のこと。東京の中央卸売…

  7. 上質を着こなすには、センスが必要なのだ。|VAN 帯広

    いつになっても色褪せることがないおしゃれなエンブレム。やっと大人の入り口にたどり着けたかな。…

  8. 本格英国アンティークを楽しむ理想のお家がここに| Country…

    帯広からほど近い音更町。ここにはすでに地域の顔になっている、たくさんの『手作り』がみられるお…

sidelogo

最近の記事

PAGE TOP